阪神・金本監督 大乱調のマテオに「どうしようもない」

2018年05月12日 19時54分

試合をぶち壊したマテオ(右)

 阪神は12日の広島戦(マツダ)に1―6で敗れ、今季ワーストの4連敗を喫した。

 1―2の7回無死一、二塁のピンチで登板した2番手・マテオが大誤算。菊池の安打で満塁とし、バティスタに犠飛を許すと、緊張の糸が切れたのか制球が定まらなくなり、悪夢の3者連続四球を与え、試合をぶち壊した。

 自滅による敗戦に金本監督は「見ての通り。どうしようもない…」と険しい表情。この日は球団史上最高額の年俸3億4000万円(推定)で獲得しながらも大ブレーキとなっているロサリオを33試合目にして初めて4番から5番に落とすテコ入れを断行。しかし、それも不発に終わり再び借金生活へ突入してしまった。