清宮は2戦連続無安打 早実の先輩・王会長「そんなに甘い世界じゃない」

2018年05月11日 22時52分

2戦連続無安打に終わった清宮

 日本ハム・清宮幸太郎内野手(18)が11日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)に「6番・左翼」で9試合連続のスタメン出場。第1、第2打席は空振り三振。第3打席は捕ゴロ、第4打席は遊飛に倒れて2試合連続の無安打に終わった。快音は聞かれなかったが、5回一死一、三塁の守備では、柳田の浅い左飛をダッシュして捕球。タッチアップで本塁を狙った三走の今宮を正確な送球で刺した。

 試合前には早実の先輩でソフトバンク・王球団会長とプロ入り後初対面を果たし、ネット裏からは熱視線を送られたが、快音を響かせることはできなかった。試合後、王会長は「そんなに甘い世界じゃない。これからいろいろ経験していけばいい」と後輩にエールを送った。