阪神・鳥谷 久々スタメンで勝利に貢献

2018年05月06日 19時31分

6回、タイムリーツーベースを放った鳥谷

 不振でスタメン落ちが続いていた阪神・鳥谷敬内野手(36)が6日、中日戦(甲子園)に「1番・二塁」で先発出場。6回二死一、二塁から左越えに2点適時二塁打を放つなど3打数2安打2打点と、チームの2カード連続勝ち越しに貢献した。

 金本監督の温情で史上2位の連続試合出場記録は継続しているが、前日まで打率1割3分5厘、0本塁打、2打点と苦しんできた。この日は左膝前十字靱帯損傷の疑いで登録抹消された上本(31)の代役としてのスタメン復帰。「(出番は)自分で決められることじゃない。与えられたところでしっかりやるだけ」と常々話していた通り、結果で応えた。