「ファンはパニックになるな」米メディアがダルの復調を期待

2018年04月18日 16時30分

巻き返しが期待されるダルビッシュ(ロイター=USA TODAY Sports)

 スポーティング・ニューズ(電子版)は新天地でのスタートダッシュに失敗したものの、今後の巻き返しに期待する大物選手を特集し、筆頭にカブスのダルビッシュ有投手(31)を挙げた。他にヤンキースのジアンカルロ・スタントン外野手(28)やジャイアンツのアンドルー・マカチェン外野手(31)らがリストアップされている。

 ダルビッシュは開幕からこれまでに3試合に先発。2戦目のブルワーズ戦では6回を2安打1失点、9奪三振と好投したものの、あとの2度は5回持たずに降板。現在、0勝1敗、防御率6.00の体たらくだ。前回登板のブレーブス戦では降板時に地元ファンからブーイングが浴びせられた。

 同電子版はカブスファンに対し、「パニックになるべきじゃない」と提言。「球速は落ちていない。いい当たりをされる確率は自己平均30.2%だが、今季は27.9%と下回っている。奪三振率も10.2と悪くない」と分析した。「3月と4月はこれまでも良くない。ウオームアップの機会を彼に与えよう」と今後の復調を期待した。

 ダルビッシュの次回登板は21日(日本時間22日)の敵地ロッキーズ戦の予定。ドジャース時代の昨年9月に1度だけ対戦しており、4回1/3を5安打5失点で負け投手になった。投手不利といわれるクアーズ・フィールドのマウンドに立つのは初だ。どんな投球を見せてくれるのか。注目だ。