イチローのマリナーズ入団にマーリンズ時代の“弟”が大喜び

2018年03月08日 16時30分

マーリンズ時代のイチロー(右)とゴードン(ロイター=USA TODAY Sports)

 マーリンズからFAになっていたイチロー外野手(44)が古巣マリナーズと正式契約したことで、マ軍時代に弟分のような存在で、一足早くトレード移籍していたディー・ゴードン外野手(29)が、「まさかチームメートとして再会を果たせるなんて」と大喜び。「ボクも彼のことを凄く恋しく思っていたけど、イチローの方がそれ以上にボクを恋しがっていたと思うんだ」といたずらっぽく笑った。

 2012年7月のヤンキース移籍後、3か月ほどプレーした主砲ロビンソン・カノ内野手(35)は「もう一度一緒にプレーできることになって、とてもハッピーだ」と歓迎。「今、44歳!? でもイチローに関して言えば年齢は問題にはならない。(2001年に)彼がマリナーズでメジャーデビューを果たして以来、数々の記録を打ち立ててきたが、ボディーも動きも全然変わっていないじゃないか。今季、僕らはきっと素晴らしいシーズンを過ごすことになると思う」と活躍に太鼓判を押した。

関連タグ: