田中将大ブルペンで15球「良かったです。うそじゃないっす」

2018年02月24日 12時00分

順調に調整を進める田中(ロイター=USA Today Sports)

【フロリダ州タンパ23日(日本時間24日)発】ヤンキースの田中将大投手(29)はブルペンに入り、投球練習を行った。前回20日(同21日)のプルペンではメジャー移籍後最多の72球を投げ込んだが、この日はフォーシーム、カーブ、スプリットをノーワインドアップで6球、セットポジションで9球、計15球だった。

 球数は少ないが、バランスとタイミングに気をつけながら丁寧に投げた。「良かったです。うそじゃないっす。今日は軽くだったんで、力具合が軽くという意味じゃなくて。前回のことを踏まえて15球の中でいろいろとまた再確認できたので良かったです。ここまでは順調です」と笑顔で語った。

 ロスチャイルド投手コーチによると、田中の次回登板は実戦形式のシミュレーションゲームの予定。この日は投球数が15球と少なかったことで中1日で25日(同26日)に投げる可能性もでてきた。その後、もう一度ブルペンに入り、オープン戦初登板に備えることになりそうだ。