ヤンキース田中 錦織と初対面「印象? 好青年でしょ」

2018年02月20日 11時30分

田中(ロイター=USA TODAY Sports)

【フロリダ州タンパ発】ヤンキースの田中将大投手(29)は19日(日本時間20日)、キャッチボールなどで汗を流した。20日(同21日)にはキャンプ3度目の投球が予定されている。

 この日は思わぬサプライズが。田中がサブグラウンドで練習中、プロテニスの錦織圭(28=日清食品)が現れたのだ。田中はメジャー1年目の2014年、錦織が決勝に進出した全米オープン決勝を生観戦しているが、直接対面するのはこの日が初めて。まさかの顔合わせに右腕も「会えて話できてよかったです。どんな印象? 好青年でしょ」と喜んでいた。

 この日は野手組がキャンプに合流。さっそく豪華競演が実現した。昨季52本塁打を放ち大ブレークした、ア・リーグの本塁打王・ジャッジに、マーリンズからトレード加入したナ・リーグ本塁打王、59発のスタントン。さらに33本塁打の正捕手サンチェス――計144発の大砲トリオがフリー打撃を行った。オールスター戦の本塁打競争さながらの光景にスタンドも騒然となったが、期待された柵越えはジャッジが30スイングで2本、スタントンは27スイングで4本、サンチェスが27スイングで3本と結果はイマイチだった。

関連タグ: