ダルビッシュ ナ・リーグ優勝決定Sカブス戦第3戦に先発

2017年10月14日 12時00分

【ロサンゼルス13日(日本時間14日)発】スポーツ総合メディアのESPN(電子版)はワールドシリーズ進出をかけた両リーグのリーグ優勝決定シリーズで活躍すると思われる投手のランキング・トップ10を発表。ヤンキースの田中を8位、ドジャースのダルビッシュ有投手(31)を9位とした。1位はド軍のエース左腕カーショーで、2位はアストロズのカイケル、3位はド軍の守護神ジャンセン。

 田中とともにベスト10入りしたダルビッシュについて、ド軍のロバーツ監督はこの日の会見で第3戦に先発させることを明言し「地区シリーズでうまくいったから、そのままの順番で行くことにした」と理由を語った。ESPNも「ダルビッシュは再び自分自身を再構築した。最近4試合で3失点1四球28三振。ほぼ70%がストライク。劇的に増やしたカットボールに対して打者は解答を出していない。確実にボールをストライクゾーンの周りに散らせられればほとんど(打つのは)不可能だ」と高く評価する。

 ヤ軍、ド軍ともにリーグ優勝決定シリーズを勝ち抜けば、田中とダルビッシュが直接対決で投げ合う可能性も出てくる。期待は高まるばかりだ。