松井氏「僕の倍ホームラン打ってる」清宮にアドバイスなし

2017年10月02日 16時30分

 ヤンキースのGM特別アドバイザーを務める松井秀喜氏(43)が9月30日(日本時間1日)、今年のドラフトの最大の目玉、早実の清宮幸太郎内野手(3年)にエールを送った。ニューヨーク在住のため、生で見たことはないそうで「ちょっとニュースの映像で見たことあるくらいなんで詳しいことはわからないです」と断るとこう続けた。「あれだけの結果を残しているってことは才能あることは間違いないと思います。みなさんに注目されてこの先いろいろと大変でしょうけど、頑張っていってほしいなと思います」。アドバイスはあるかと聞かれると「いやないですよ。全然。僕の高校時代の倍くらいホームラン打ってるので。全然ないです」と笑った。

 今オフにポスティングシステムでのメジャー移籍の意思を固めている日本ハムの大谷翔平投手(23)については「見てみたいと思うだけで、その辺はファンの方と同じ心理だと思います」と見たいという。チームから大谷獲得の協力を要請される可能性もある。松井氏は「どうですかね。僕の存在は関係ないと思いますけどね。そりゃヤンキースにやってくれと言われたらね」と前向きだった。

 松井氏は30日、旧ヤンキー・スタジアム跡地で、野球教室を開催し、地元ブロンクスのリトルリーガー約30人を指導。お手本として打撃も披露し、6スイングして柵越えを3発放ち、子供たちから大歓声を浴びていた。