坂本に「侍大将」の自覚

2017年01月23日 16時30分

 巨人・坂本がさっそくジャイアンツ球場で“始動”した。前日21日の夜にグアムから帰国したが、疲れも見せぬまま即練習。ノックや打撃などひと通りの練習を行った。課題に挙げていたWBC公式球の扱いについては「(日本で使うと)乾燥している分、滑っちゃいます。キャンプ中にもっと慣れないといけない」と語ったものの、グアムでもキャッチボールで使い込んできており心配はなさそうだ。同期のドジャース・前田がWBC出場を辞退。態度を保留しているヤンキース・田中も辞退が濃厚だが「いろいろ理由はあると思いますけど、僕はなんとも言えない。出ているメンバーでやるしかない。出る人たちが日本の期待とか、ちゃんと受け止めながら結果を残したい」と、侍ジャパンの中心メンバーとしての自覚をのぞかせていた。