【高校野球】明徳義塾・馬淵監督 3戦連発の作新・入江と真っ向勝負!

2016年08月19日 17時07分

意気込みを語る明徳義塾の馬淵監督

 2002年以来、2度目の夏制覇を狙う明徳義塾(高知)は兵庫・西宮市で練習を行い、馬淵監督は作新学院(栃木)の入江(3年)と真っ向勝負を宣言した。

 

 指揮官は3戦連発中の入江について「3試合も甲子園で連続で打てるのは、いい選手じゃないか」と評価。馬淵監督といえば92年夏に巨人、ヤンキースで活躍した松井秀喜氏に5打席連続で敬遠したことでも有名。勝負するか問われると「敬遠なんかはしない。だから松井と一緒にするなって」と一蹴。強打者を擁するチームと対戦するたびに聞かれる質問にうんざりしていた。

 

 最後は「俺はベスト4までは何べんも来たけど、ここからが大変。クイズ番組じゃないけど、最後の2つが難しい」と馬淵節で夏制覇の困難さを表現した。