松井秀喜氏 バイク免許取得に意欲も「ヘルメットあるか心配」

2016年01月14日 17時47分

バイク王の新TVCMの記者発表会に出席した松井氏

 ヤンキース、巨人などで活躍した松井秀喜氏(41=現ヤンキースGM特別補佐)が14日、都内で行われたバイク王「『バイクライフの生涯パートナー』実現に向けたバイク王の今後の展開と、新TVCMの記者発表会」に出席した。

 

 松井氏が登場する同社の新テレビCM「キャンプ・ツーリング編」は米ロサンゼルスで撮影され、15日から放映される。2年連続で「バイク王」のイメージキャラクターを務める松井氏は「(バイクは)やはりかっこいい。時間ができたら免許も取りにいってみたいし、その気持ちは変わらない」と強い“バイク愛”をアピール。そして「心配なのは、僕に合うフルフェースのヘルメットがあるかどうかということ。そのへんは(免許を取得したら)バイク王さんにお願いしたいですね」と自身の頭がビッグサイズであることを自虐ネタにし、会場の笑いを誘った。

 

 同イベントでは昨年に引き続き、書き初めにもチャレンジ。用意された大きなパネルに今年の抱負として「進」の1文字を書き下ろすと「昨年から新しいことを始め、いろいろなことが分かり始めている。2年目で去年と違う形で進めていきたい」と目を輝かせた。

 

 前日13日には巨人・高橋由伸監督(40)から、松井氏が宮崎春季キャンプで一~三軍の臨時コーチを務めることが明かされている。これについては「(由伸監督から)『好きなようにやってください』と言われた。まだ把握しきれていない部分もあるので、これから明確になっていけばいい。選手の皆さんは進化したいという気持ちで臨んでいくだろうから、その手助けができればいい」と言葉を選びながらコメントした。

 

 一方、囲み取材ではテレビリポーターから解散騒動の渦中にあるSMAPに関する質問も向けられた。松井氏は困惑した表情で「感想はないです」と述べると「本当に真実がどうなるのかは私には分からないですし、何ともコメントしようがないですね」。

 

 熱烈なG党で野球ファンを公言しているSMAP・中居正広(43)については「何度かジャイアンツ時代にお会いして(ヤンキース時代に)ニューヨークに来ていただいたこともありましたし…」とも語ったが、門外漢の質問攻めには閉口していた。