ヤンキース 9勝右腕ピネダがDL入り

2015年07月31日 11時00分

【テキサス州アーリントン30日(日本時間31日)発】ヤンキースに緊急事態だ。開幕から先発ローテーションを支えてきたマイケル・ピネダ投手(26)が30日(日本時間31日)、右前腕屈筋の張りにより15日間の故障者リスト入りした。復帰まで通常なら4週間ほどだ。ピネダはこの日のレンジャーズ戦に先発予定だったが、代わってサバシアが中4日でマウンドに上がる。ピネダはローテーションの軸として今季19試合に先発して9勝7敗、防御率3・97。

 ヤンキースはウエーバーを経ないトレード期限が米東部時間31日午後4時(日本時間1日午前5時)に迫る中、先発投手陣を補強するかどうかの決断を迫られる。ホワイトソックスのサマージャ、パドレスのシールズ、レッズのリークらが候補だろう。ただ、まとまるかどうか…。

 前日の時点で2位に6ゲーム差を付けア・リーグ東地区首位を快走しているヤンキースが迎えた今季最大の正念場。どう乗り切るか、ヤンキース首脳陣の腕の見せどころだ。