元スカウト・得津高宏氏が見た怪物1年生・清宮「篠塚にパワーつけた感じ」

2015年07月24日 05時30分

試合後、清宮を大勢の報道陣が囲んだ

【元スカウト・得津高宏氏が見た怪物1年生・清宮】第97回全国高校野球選手権、西東京大会の準々決勝が22日、神宮球場で行われ、怪物1年生・清宮幸太郎を擁する早実が11―5で八王子に快勝。準決勝に駒を進めた。この日の清宮は3打数1安打。2つの死球を受ける場面もあったが、チームの4強進出に貢献した。そんな怪物を、元スカウトはどう見たのか――。

 柔らかい打撃をするね。あの柔らかさは、持って生まれた天性のもの。スイングの始動時に、バットのヘッドが投手のほうを向いているのはちょっと気になるが、自分なりのリズムなのだろう。元ロッテのフランコがそうだったように、自分に合っているのなら無理に矯正するほどではない。ただ、今より速い真っすぐには差し込まれるようになるかもしれないので、気をつけたほうがいいでしょう。

 同じようなタイプの打者というと…。すぐには思い浮かばないほど。同じく高校1年から活躍した清原(西武、巨人など)は柔らかさというよりパワー型だったし、香川(南海)もハンドワークが柔らかい選手だったが、清宮くんはそれほど太ってはいない。松井(巨人、ヤンキースなど)は硬いし…。篠塚(巨人)にパワーをつけたような選手というのが一番、しっくりいくかも。あれだけの体格で柔らかい打撃をするのだから、むしろ外国人選手と比較したほうがいいかもしれない。

 今後は体もさらに締まって筋肉もついてくるはず。スイングスピードももっと速くなる。とんでもない選手になると思うし、2年後にどんな選手になっているのか、スカウトとしては楽しみな逸材ですよ。