田中 次回登板は10日ナショナルズ戦

2015年06月07日 10時00分

【ニューヨーク5日(日本時間6日)発】ヤンキース・田中将大投手(26)の次回登板が9日(同10日)のナショナルズ戦に決まった。この日のエンゼルス戦の試合前、会見に臨んだジラルディ監督は「今後のローテーションについて教えてくれ」と問われると「いい質問だね」とニヤリ。イオバルディ、ウォーレン、C・C・サバシアとそれぞれの起用日と名前を順に挙げると「田中は火曜日だ」。これでチーム休養日をはさみ、田中が中5日となる9日(同10日)のナ軍戦で先発マウンドに立つことが正式に決まった。

 ローテーション通りならピネダの順番だが、指揮官は「彼(ピネダ)は今のペースだと年間220イニングになる。これは許容できないので、1回登板をスキップして休みを与えることにした」と説明。田中が完全復活を遂げたことで、登板過多のピネダを休ませる余裕が生まれた形だ。

 グラウンドで囲み取材を受けたキャッシュマンGMも田中の復帰戦について「ファンタスティックだった」と開口一番でコメント。そして「期待していた以上の好投。今季一番の内容だったと思う。今後も健康でチームのために投げてくれることを願っている。それが一番重要なことだ」と弾んだ声で続けた。

 さらに同GMは「だれもがガス欠しないようにマネジメントしなければならない。田中を故障から守るためにも肩の故障明けのピネダを保護するためにも、どうしたらベストになるか。ローテ6人制について我々はしばしば話し合っている。日程や状況で考えていくだろう」と、今後6人制ローテを導入する可能性についても言及した。

 エース・田中の復活で、ヤ軍の投手陣にさまざまなメリットが生まれることになりそうだ。