エンゼルス・大谷翔平の本塁打ボールがアスレチックス公式サイトで高値

2021年11月04日 11時55分

大人気の大谷(ロイター)
大人気の大谷(ロイター)

 エンゼルスの大谷翔平投手(27)の本塁打ボールがエンゼルスではなくアスレチックス公式オークションサイトに出品され、3日午後5時(日本時間4日午前6時)時点で最高入札額は6000ドル(約68万4000円)となっている。

 出品されているのは2種類。昨年8月23日(同24日)の敵地での一戦で3回にモンタスから左中間に運んだ逆転3ランのボールは10月29日(同30日)に100ドル(約1万1400円)からスタートし、39件の入札で6000ドルだ。

 もう一つは今年5月28日(同29日)に大谷が敵地で先発登板した際に、1回裏にウオーミングアップに使用したボールで、55ドル(約6270円)でスタートし、6件の入札で115ドル(約1万3110円)となっている。

 大谷の使用球では10月26日(同27日)に締め切られたエンゼルスのチャリティーオークションで4月4日(同5日)のホワイトソックス戦に先発して今季最初の三振を奪ったボールは7750ドル(約83万3500円)だった。

 試合ではないが、今年のオールスター戦前日に行われた恒例の本塁打競争で10本目の本塁打ボールは1万5060㌦(約171万7000円)で落札されている。

 昨年は二刀流でプレーしていないが、大谷のバットが叩き出した本塁打ボールに変わりはない。締め切りは7日午後11時(同8日午前1時)。どこまで上がるか注目だ。

【関連記事】

関連タグ:

ピックアップ