最後のFA大物外野手イチロー オリオールズも浮上

2015年01月22日 14時00分

【マサチューセッツ州ボストン21日(日本時間22日)】ヤンキースからFAとなったイチロー外野手(41)はどこの球団でプレーするのか。前日、ジャイアンツ入りした青木宣親外野手(33)は入団会見を行い、ブルージェイズからFAになったラスマスはアストロズと1年契約を結んだ。残されたFAの大物外野手はイチローだけだ。

 

 このオフ、米メディアはイチローに興味を示している球団としてパドレス、ダイヤモンドバックス、レッズ、オリオールズ、マーリンズなどを挙げた。現時点ではマーリンズが最有力で地元紙のマイアミ・ヘラルド(電子版)はこの日、約200万ドル(約2億3600万円)の1年契約を提示したと報じた。ただ、契約年数については、18日(同19日)に球団公式サイトが2年契約を準備していると伝えていた。同紙は球団がイチロー獲得に手応えを得ているが、合意に至るかは確かでないとしている。また、ラスマスと交渉していたオリオールズが、獲得に動く可能性も出てきた。一気に動きそうだ。