イチロー マーリンズ入り濃厚「2年契約提示もあり得る」

2015年01月19日 11時00分

【マサチューセッツ州ボストン18日(日本時間19日)】ヤンキースからFAになったイチロー外野手(41)のマーリンズ入りが濃厚になった。米大リーグ(MLB)公式サイトがこの日、「マーリンズがイチローに2年契約の提示もあり得る」と報じたのだ。

 前日には米スポーツ専門局ESPN(電子版)が「イチローの次の停車駅はマイアミ?」の見出しで、「イチローのメジャーでの時間は終わりつつあるが、マーリンズには無関係」と報じた。また、米スポーツサイトのSBネーションはMLB関係者の話として「マーリンズとイチローが契約に向かっている」と伝えていた。

 ようやく移籍先が決まりそうだが、現状では第4の外野手。マーリンズの外野は右翼に米スポーツ史上最高額の13年総額3億2500万ドル(約382億円)で契約延長したスタントン(25)、中堅はオズナ(24)、左翼は昨季のゴールドグラブ賞・イエリチ(23)と定位置が決まっている。ただ、オズナとイエリチは昨年がレギュラー定着1年目で、今年も結果を残せるか不透明だ。故障の可能性もある。それにマーリンズのメジャー40人枠で外野手登録はこの3人だけで、レギュラー奪取の可能性は十分。イチローの決断に注目だ。