ヤンキース田中 マイルCSで2週連続パーフェクト狙います!

2014年11月23日 09時00分

【ヤンキース田中のガチ予想:マイルCS】タナカ・タイムが豪快に炸裂した。ヤンキース・田中将大投手(26)が、先週の本紙ガチ予想で、エリザベス女王杯(16日)の3連単1万5570円(28番人気)を◎→○→▲で大本線完全的中。大反響となった。となれば、今週のGⅠ第31回マイルチャンピオンシップ(23日、京都11R)も大いに期待したいところ。果たして2週連続パーフェクトとなるか。注目の本命馬は――。

 エリザベス女王杯の華麗すぎる完全的中に、最も驚いていたのが他ならぬ田中本人だった。

「ツイッターとかも(反響が)すごかったですよ」と、想定外の反応に少々戸惑い気味だった。当然マイルCSの予想にも注目が集まるが、こういう時ほど力を発揮するのが田中という男。いつも以上に熱の入った予想となった。

 さっそく挙げた本命は4枠(8)番のフィエロだった。秋のGⅠは重賞未勝利馬が制覇しているという“トレンド”や、勝率の高い4枠(過去10年で7連対)に入ったこともあるが…。

「前走(スワンS=2番人気3着)を1戦叩いての上積みが見込めるんじゃないかなと。それに京都外回りのマイルで、ディープ産駒は結構堅いと思うんですよね。このくらいの距離は強いので、力も十分使えると思います」

 対抗は昨年の覇者(13)トーセンラー。

「去年と一緒で秋は京都大賞典から臨んでいますし、京都は得意(4勝、2着2回、3着4回)。去年、マイルでも走れるというのも見せたので。鞍上も武豊さんで、今回も優勝したら(マイルCS)3連覇になるんですよね。馬の力もあるし京都もうまい、ということで対抗です」

 ▲には(9)ワールドエースを挙げた。4か月の休み明けとなった前走の毎日王冠で13着に敗れた馬だが…。

「前走は確かに負け過ぎなんですけど、叩いた方がいいのかな。でも、何よりこの春、同じ京都1600で驚異的なレコード(GⅡマイラーズC=1分31秒4)を出しているので、高速馬場への対応も大丈夫だろうと。それに前走の大敗で人気が落ちるならおいしい。力はありますから」

 他では(2)エクセラントカーヴ、(3)グランデッツァ、(10)ロゴタイプ、(11)クラレント、(12)ダノンシャークをピックアップした。中でも注目されるのは人気薄エクセラントカーヴだ。

「近走は全然ダメですけど、去年一気に4連勝して重賞(GⅢ京成杯オータムH)を取った馬で、力はある。(馬券に)絡んできても不思議はないと思います。京都は走ってないみたい(初出走)ですけど、鞍上も名手ムーアですし、未知の魅力というところで、ちょっと買っておいたら楽しいかなと。今の京都では有利な内枠だし、脚をためていってくれれば」と“爆弾”に指名した。

 2週連続パーフェクトに期待がかかる、今回のガチ予想、注目の買い目は…。

「(8)フィエロ、(13)トーセンラーの軸2頭マルチ3連単。(2)(3)(9)(10)(11)(12)の6頭流しでいきます!」

 組み合わせによっては超万馬券も含まれる。今週も“タナカ・タイム炸裂”といきたい。