イチローと川崎が神戸で始動

2014年11月06日 13時49分

 ヤンキースのイチロー外野手(41)が神戸で始動した。6日の昼過ぎ、ヤンキースからFAとなったイチローが“弟分”の川崎宗則内野手(33、ブルージェイズからFA)を伴って、ほっともっとフィールド神戸のグラウンドに姿を見せた。十数人のスタッフとダッシュを繰り返し、その後は室内練習場で打撃練習を行うなど、和気あいあいのムードで汗を流した。

 オフ恒例の古巣での自主トレだが、例年より早い始動。スタッフの一人は「ここでやるのは初めてですけど(よそで)ずっとやってますからね。今後の予定はわからない」と話した。41歳となり、去就が注目されるイチローだが、体調はよさそうで、いつもの軽快な動きを見せていた。