マリナーズ・菊池が3勝目 5回までノーヒット&最速157キロ投球

2021年05月31日 11時00分

菊池雄星(ロイター=USA TODAY)

 マリナーズの菊池雄星投手(29)は30日(日本時間31日)に本拠地シアトルで行われたレンジャーズ戦に先発登板し、6回2/3を投げ、3安打2失点、5三振1四球で今季3勝目(3敗)を挙げた。最速は98・5マイル(約158・5キロ)をマークした。チームは4―2で勝って、勝率を5割に戻した。

 危なげない投球だった5回を終わって許した走者は味方の失策による1人だけ。芯に捉えられた打球もなかった。大記録への期待が膨らむ中、6回先頭のカルフーンに初球のスライダーをシフトを敷いた二塁手の左をゴロで抜かれる右前打を許した。70球目だった。それでも菊池は表情を変えることはなかった。

 直球が走り、カットボールは良く動き、スライダーのキレも抜群だった。初回は先頭打者のカイナーファレファをカットボールで遊ゴロ、ソラックを中飛、ガルシアを96・6マイル(約155キロ)の直球で追い込むとカウント2―2から6球目の外角低めスライダーで空振り三振に仕留めた。

 1点を先制してもらって迎えた2回はギャロを二ゴロ、デービスをチェンジアップで空振り三振、ローにはフルカウントからファウルで3球粘られたが10球目で三ゴロに打ち取った。3回も右飛、二ゴロ、一邪飛と打者9人をパーフェクト。地元テレビ局の実況者は「極上の日曜日だ」と菊池の序盤を表現した。

 3―0の4回は二死後に遊撃手の悪送球で初の走者を許して二塁まで進まれたが、次打者を二ゴロ。5回は中飛、97・7マイル(約157キロ)の外角高め直球で見逃し三振、98・5マイルの直球で二飛に退けた。

 6回先頭のカルフーンに右前打されてノーヒッターは消えたが、トレビノを三ゴロ併殺、カイナーファレファを空振り三振で無失点。7回に一死一塁からギャロに内角低めカットボールを右越え2ランを喫した。二死後に四球を与えたところでマウンドを降りた。

 7回を投げ切りたかっただろうが、6試合連続クオリティースタート(6回以上投げて自責点3以下)はお見事。地元メディアは昨季まで厳しい視線を送っていたが、今ではマリナーズの先発投手陣に不可欠な存在になった。

関連タグ: