大谷が単独トップ弾! 2試合連続の13号3ランは130メートルの特大本塁打

2021年05月18日 11時59分

13号3ランを放ちチームメートとハイタッチをする大谷(ロイター=USA TODAY)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は17日(日本時間18日)に本拠地アナハイムでのインディアンス戦に「2番・DH」で先発し、2回にメジャー単独トップとなる2試合連続の13号3ランを放った。

 大谷の一振りにエンゼル・スタジアムがどよめいたのは3―1の2回一死一、三塁だった。相手先発は4月21日(同22日)にメジャーデビューした24歳の左腕ヘッジズ。カウント1―2からの4球目、外角高めのストライクゾーンを外れた93・6マイル(約150キロ)のフォーシームをフルスイング。106マイル(約170キロ)の弾丸ライナーはアッという間に右中間に飛び込んだ。

 16日(同17日)の敵地レッドソックス戦の9回二死から放った起死回生の逆転2ランに続く2試合連発アーチは飛距離431フィート(約131メートル)の特大弾だった。大谷は胸を張ってダイヤモンドを1周した。

 初回の1打席目は四球だった。

関連タグ: