大谷が9回二死から逆転2ラン!連敗を4で止める 12号はトップタイ

2021年05月17日 07時45分

逆転2ランを放った大谷(ロイター=USA TODAY)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は16日(日本時間17日)に敵地ボストンでのレッドソックス戦に今季初の「3番・DH」で先発し、1点を追う9回二死から12号逆転2ランを放ち、5打数1安打2打点だった。チームは6―5で勝ち、連敗を4で止めた。

 起死回生の一発が飛び出したのは1点を追う9回だ。マウンドは相手守護神のバーンズ。二死を取られて敗色濃厚の場面で2番に入ったトラウトが中前へポテンヒットを放ち、5度目の打席が回ってきた。

 バーンズが投じた初球、内角の97マイル(約156キロ)のストレートをバットを体に巻き付けるようにフルスイング。高々と上がった打球はぺスキーポールの愛称で知られる右翼ペール際へ。

 走りながら放物線の行方を見守った大谷は「切れないでほしいな、残ってほしいな」と念じながら一塁ベースを回ると、ボールは切れずに観客席に着弾。地元ファンから悲鳴が上がった。大谷はガッツポーズをし、ダイヤモンドを跳ねるように回った。価値ある逆転12号2ランはブレーブスのアクーニャ、マリナーズのハニガー、ヤンキースのジャッジに並んでメジャートップタイだ。

「(本塁打王争いは)まだ10本ちょっとですし、期間もそんなにない。打撃のもそんなにすごく絶好調というわけではない。微調整を繰り返しながらもっともっと上げていけるように頑張りたい」と先を見据える。

 土壇場での逆転弾はメジャー4年目で初だ。これまでメジャーで放った本塁打の中で、最も重要な場面で打ったものかと問われると大谷は「そうだと思いますね」と即答しこう続けた。「昨日、一昨日と負けているので、こういう試合を勝てるというのは力があると思っているので、ここからいい波が来るように頑張りたい」

 先発の剛腕イオバルディと対戦した初回二死無走者はカットボールに詰まらされ二ゴロ。2回二死一、二塁は97マイルのストレートを空振りして三球三振。5回一死無走者は内角低めの99マイル(約159キロ)のストレートを打ち、三ゴロ失策で出塁。5番ウォルシュの左翼フェンス直撃打で三塁ベースコーチの指示で一気に本塁に突入するも、タッチアウトとなった。

 1点を追う7回の第4打席は、3番手の左腕テーラーの初球95マイル(約153キロ)の高めのストレートを強振。上がり過ぎて右飛に倒れた。

 その大谷の次回登板は中7日で19日(同20日)の本拠地でのインディアンス戦に決まった。マドン監督は「(ガソリンが)満タンになったかどうか、もう一度確認したい。今季、200イニングを投げるわけではない。彼の右腕が強い状態であり続けるため」と疲労を考慮した説明した。

 メジャーを席巻する二刀流は今後も全米を驚かせ続ける。

関連タグ: