レッドソックス・澤村がファンに認められた証し!? 初オークションは5番人気

2021年04月27日 11時00分

澤村のユニホームは5番人気(ロイター=USA TODAY)

 レッドソックスの澤村拓一投手(33)が試合で実際に着用したユニホームが米大リーグ(MLB)公式オークションサイトに登場。26日午後7時(日本時間27日午前8時)時点で7件の入札があり、スタート時の200ドル(約2万2000円)から650ドル(約7万円)で3倍を超えている。

 同サイトでは、選手が使用したユニホームやヘルメットなどが出品されているが、澤村グッズが登場するのは今回が初めて。19日のペイトリオッツデー(マサチューセッツ州など限定した地域の祝日)で選手、コーチたちが使用した白のユニホーム37点が21日(同22日)に出品された。入札締め切りは5月4日午後4時(同5日午前5時)だ。

 最高値を付けているのはバーデューゴ外野手の1250ドル(約13万5000円)で、JDマルチネス外野手とディバース内野手の850ドル(約9万2000円)、ボガーツ内野手の700ドル(約7万6000円)、澤村とヘルナンデス内野手の650ドルと続いている。この日先発したイオバルディは550ドル(約5万9000円)だ。

 澤村はここまで9試合に登板し、1勝1ホールド。10イニングを投げて6安打2失点、10三振5四球、防御率1・80。中継ぎとしてしっかり役割を果たしている。新人剛球右腕はファンに認められつつあるようだ。

関連タグ: