澤村が開幕戦で1回無失点1Kデビュー「日本では感じられない高揚感や緊張感はあった」 

2021年04月03日 08時58分

澤村拓一

 上々のスタートだ。レッドソックス・澤村拓一投手(32)はオリオールズとの本拠地フェンウェイパークでの開幕戦で0―3の9回にメジャー初登板を果たし、1イニングを1安打1奪三振で無失点に抑えた。試合はそのまま終わった。

 8回表終了直後からウォームアップを始めた澤村は尊敬する上原浩治氏も登場曲に使用していたダルードの「サンドストーム」をバックに登場した。「特に緊張することなく一人ひとり、自分のボールをしっかり投げ切ることに集中した」。先頭のヘイズに投じたあいさつ代わりの直球は95マイル(約153キロ)を記録。スライダーを2球続けて追い込み、93マイル(約150キロ)の宝刀スプリットで空振り三振を奪った。続くフランコはカウント2―2からスプリットで三ゴロに料理。ガルビスには左中間への二塁打を許すも、セベリーノを95マイルの直球で二ゴロに仕留め、ベンチで僚友とハイファイブをかわした。

 21球のデビュー登板には「日本では感じられない高揚感や緊張感はあった」という。「汗を一滴もかかなかった」のは気温2度の中で半袖ユニホームだったせいだろうが「変な緊張感ではなかった」と振り返った。日本とは環境も異なるが、やるべきことは同じ。「どんどんストライクを投げ、打者と勝負する。クリスチャン(バスケス捕手)のサインに対して、しっかり投げ切ることだけを考えた」

 試合開始前に他の救援陣とブルペンへ向かう際には、自分の荷物に加えてガムなどが入った大きなバックパックを背負った。「32歳ですけど新人ですから」。まずは無難に第一歩を踏み出した。

関連タグ: