ジラルディ監督 田中キャッチボール再開に「まだ先は長い」

2014年08月05日 10時55分

 田中将大投手のキャッチボール再開を受けて、ヤンキースのジョー・ジラルディ監督は試合前会見で「肯定的なことだが、まだ先は長い」と慎重な発言にとどまった。この日、先発右腕のフェルプスが右肘の炎症のため、15日間の故障者リスト入りした。前日の時点で、ヤ軍はア・リーグのワイルドカード争いで3位タイ。ポストシーズンに進出するためには田中の早期復帰は欠かせない。


 しかし、ジラルディ監督は「とても軽いキャッチボールなので判断するには早すぎる。明日また距離を延ばして強度を高めて投げてもらう。彼は何をするべきかわかっているし、我々は無理をしてもらいたくはない」と語った。今後の田中のリハビリ日程などについてはもう少し様子を見てから判断することになりそうだ。