レッドソックス主力5人放出も上原泰然「やる事は一緒」

2014年08月02日 16時00分

【マサチューセッツ州ボストン1日(日本時間2日)発】ウエーバーを経ないトレード期限だった前日、レッドソックスはエース左腕のレスター、右腕のラッキーら主力5人を放出した。この日からヤンキース3連戦が始まったこともあり、レッドソックスのクラブハウスはメディアが殺到し、騒然とした雰囲気だった。

 

 自身のツイッターで「今年のトレード、凄くないっすか??」とつぶやき、さらにブログで「いや~、結構いなくなったなぁ。開幕当初のメンバーから解雇も含めると11人いなくなったらしい」と驚きをつづった上原浩治投手(39)は試合前に少し戸惑ったような表情を見せた。しかし練習が始まると、田沢純一投手(28)とキャッチボールを行い、普段通りの調整で汗を流して試合に備えた。揺れる気持ちをグラウンドに持ち込まないのはさすがメジャーナンバーワンの守護神だ。

 

 チームは来季を見据えた戦いに移るが、上原は「やることは一緒」と全力投球を誓っている。