ジャイアンツと契約した山口俊 日米共通の〝GIANTSユニホーム〟に「違和感ない?」

2021年02月23日 21時05分

新天地でのプレーが決まった山口俊

 米大リーグのジャイアンツとマイナー契約を結んだ山口俊投手(33)が22日(日本時間23日)、インスタを更新。ストーリー機能を使い、公開した新ユニホームの写真にウイットに富んだコメントを添え、笑いを誘っている。

 ストーリー機能を用いてインスタ上に投稿した写真は、ハンガーに掛かったナイキ社製のジャイアンツのユニホームと帽子が撮影されたワンショット。その写真には「このユニフォームだと違和感ないか?」と泣き笑い顔の絵文字も交えて書き込まれている。

 胸に「GIANTS」と刻まれた新天地のユニホームは一昨年まで在籍していた古巣・巨人のユニとパッと見ただけでは、確かになかなか見分けがつきづらい。それだけに山口も同じ「ジャイアンツ」でプレーすることが決まり、ちゃめっ気たっぷりに喜びを表現したようだ。

 ちなみに20日(同21日)に更新したインスタ上でも山口は「San Francisco Giantsに契約決まりました! メジャー契約できるように頑張ります!」とつづっており、自らの背番号「77」のユニホーム写真を公開している。

 今月10日に渡米したものの、米国到着直後にブルージェイズから戦力外通告。日本復帰も噂された中、メジャー複数球団からオファーが舞い込み、ジャイアンツと契約した。スプリングトレーニングでは招待選手としてメジャーキャンプに参加する予定となっており、競争を制して再び開幕メジャーロースター入りをつかみ取るつもりだ。

関連タグ: