ツインズ・前田健太と広島ドラ3・大道温貴がツイッターで〝日米キャッチボール〟「凄い」と鯉党興奮

2021年02月19日 03時42分

前田健太(左)と大道温貴

 偉大な先輩・マエケンからのエールに大感激――。広島のドラフト3位ルーキー・大道温貴投手(22=八戸学院大)が18日、ツイッターを更新した。同日にツインズ・前田健太投手(32)から「大道くんっていいピッチャーやな」と称賛されたツイートを添付し、感謝の気持ちと強い決意をつづった。

 ツイッター上には「はじめまして、大道です。ありがとうございます! この言葉を自信に変えてもっとレベルアップし、カープのために活躍できるように頑張ります! 前田健太さんのようにカープを背負って行けるような選手になります! 今後ともよろしくお願いします」と記し、海の向こうの前田先輩へ深い謝意の念を込めながらメッセージを送った。 

 すると、その約6時間後にキャンプ地のフロリダに入っている前田から「わざわざりありがとう! 頑張って下さい。応援してます」とリツイートが舞い込んだ。これには大道も即座に「ありがとうございます」と涙顔の絵文字もまじえてツイートしており、日米通算150勝をマークする大先輩からの激励は本人の言葉通りに確かな自信へとつながりそうだ。

 ツイッターを使った言葉の〝日米キャッチボール〟にはフォロワーから「マエケンの言葉、大道選手に届いていたんですね!」「自信になるよねー!」「凄い! 凄い!」などと数々のメッセージが寄せられ、鯉党の間でも反響は大きいようだ。

関連タグ: