田中がザックジャパンに教える「タンパでのリラックス法」

2014年05月29日 07時00分

【ミズーリ州セントルイス発】ヤンキースの田中将大投手(25)が、ブラジルW杯で優勝を目指すサッカー日本代表に緊急エールを送った。日本時間29日に日本を出発し、フロリダ州タンパ近郊で直前合宿を行うサムライブルー。そんなイレブンに同地でスプリングトレーニングを行い、今季の活躍につなげている右腕がタンパでのリラックス方法を伝授した。

 

 W杯を戦う日本代表は日本時間29日に米国へ出発。タンパ近郊で直前合宿を行い本番に備える。タンパといえば、偶然にも田中がメジャーデビューに備えスプリングトレーニングを行った地。この情報に田中は「えっ! タンパでやるんですか?」と驚きの反応を見せた。これは代表イレブンに“タンパの先輩”としてアドバイスしてもらうしかない。本紙は田中に同地でのリラックス術を聞いた。

 

 空き時間にどんな過ごし方をしていたのか。これに対し右腕はゴルフと釣りを推奨した。

 

「タンパでのおすすめスポットですか? そうですねえ。ゴルフと釣りじゃないですかね。バスがたくさん釣れますよ」

 

 大一番の直前合宿という位置づけだが、選手たちは4年前の南アW杯時も直前合宿地のスイスやベースキャンプ地のジョージでオフを与えられている。今回のザックジャパンもオフなしということはなさそうなだけに、田中の情報は有益だ。特に“サプライズ男”のFW大久保嘉人(31=川崎)は前回大会期間中に釣りを楽しんでいただけに、なおさらだ。

 

 さらに田中はスプリングトレーニング中に3度足を運んだというイタリア料理のお店も紹介してくれた。「『ドナテロ』っていうお店にはよく行かせてもらいましたね。何を食べてもおいしいんですけど、特にパスタはおいしかったですよ」。日本代表には専属のシェフが帯同し、イレブンの栄養管理は徹底される。そのため、選手自ら店に足を運ぶのは厳しいかもしれない。だが、こちらも知っておいて損はない。合宿に家族を連れてくる選手にとってはありがたいアドバイスになるだろう。

 

 今季ここまで7勝1敗防御率2・29の活躍で、今やア・リーグ東地区2位につけるチームのエースになっている田中。好調の要因はタンパで行ったスプリングトレーニング期間中の過ごし方が大きかったと以前、本紙にも明かしている。

 

 W杯で優勝を目指す日本代表にとっても、それは同じこと。充実したタンパ・ライフを経て活躍を続けるヤンキースのエースに見習ってサムライブルーも“マー・スタイル”で本番に備えてみてはいかがだろうか。