エンゼルスのセクハラ投手コーチが職務停止処分 大谷への影響は

2021年02月03日 11時15分

大谷への影響は…(ロイター=USA TODAY)

 エンゼルスは2日(日本時間3日)に5人の女性記者にセクハラ行為を働いていたと報じられたミッキー・キャロウェイ投手コーチ(45)を職務停止処分にし、米大リーグ機構(MLB)とともに徹底調査すると発表した。米スポーツサイトのアスレチックが1日(同2日)にキャロウェイ氏が女性記者に不適切な画像を送る一方で裸の写真を求め、取材中に女性記者の顔に股間を押し付けるなどの不適切な行為を5年以上続けていると報じ、波紋が広がっていた。

 エンゼルスは「昨夜遅く、我々はアスレチックが伝えた申し立てについて知りました。今朝、ミッキー・キャロウェイを職務停止にし、MLBと協力して徹底調査します」と声明を出した。

 キャロウェイ氏は同サイトの取材に「私が関わった全ての行為は合意の上でのものだったし、女性に意図して無礼を働いたことはない」と弁明。

 ロサンゼルス・タイムズ紙はエンゼルスのマドン監督がこの報道に驚き、同氏に対する苦情は一切聞いたことがないというコメントを紹介した上で、「エンゼルスはわいせつ行為をしたミッキー・キャロウェイを解雇すべき」と強く主張した。

 MLBでは2週間ほど前にメッツのGMだったジャレッド・ポーター氏が過去に女性記者にわいせつな画像などを送り、解雇されたばかり。

 今季二刀流完全復活を目指す大谷翔平投手(26)の調整に影響が出なければいいが…。

関連タグ: