カブスが“田中オークション”

2014年05月25日 11時00分

【イリノイ州シカゴ発】カブスの試合で使用された記念商品などを販売する「カブス・オーセンティックス」が、“田中”を売りに出した。メジャー初黒星を喫した20日(日本時間21日)のカブスvsヤンキース戦でヤンキースの田中将大投手(25)が投げたボールやロッカールームで使ったイスをオークションにかけるのだ。

 

 イスの競売開始価格は250ドル(約2万5500円)で、入札単位は10ドル(約1020円)。ボールは4種類ある。3回にベーカー捕手が安打した球。4回にバルブエナ内野手が二塁打を放った球。4回にオルト内野手が適時打を奪った球。5回にリゾ内野手がファウルした球。いずれも開始価格は125ドル(約1万2750円)。また、その試合で使われたラインアップ・カード(スタメン表)も200ドル(約2万400円)で出品される。

 

 入札開始は米東部時間の25日午後9時15分(日本時間26日午前10時15分)で、締め切りは米東部時間の6月1日午後9時(同2日午前10時)。MLB公式ページやカ軍公式ページから参加でき、日本への送料はイスが150ドル(約1万5300円)で、そのほかは100ドル(約1万200円)となっている。オークションに限らず田中人気にあやかった商売が今後増えるだろう。