田中の連勝ストップに楽天・星野監督「いつかは止まる」

2014年05月21日 14時49分

 ヤンキース・田中将大投手(25)がカブス戦(日本時間21日、イリノイ州シカゴ)に先発しメジャー初黒星を喫して、日米通算のレギュラーシーズンの連勝が34でストップしたことに、古巣・楽天の星野仙一監督(67)が感想を述べた。

 球場入り前、テレビで観戦したという星野監督は「今は疲れが出るころ。ボールが高かった」と分析。そのうえで「(連勝は)いつかは止まるもの。バント処理など能力の高さはみんなが認めている。それより打線が打ってやらないと。ウチと同じだな」とチームが5連敗中とあって自虐的に笑った。