田中21日カブスと再戦「相手次第で対応可能」

2014年05月19日 16時00分

【ニューヨーク18日(日本時間19日)発】ヤンキースの田中将大投手(25)はこの日、次回先発予定の20日(同21日)に敵地リグリー・フィールドで行われるカブス戦に備え、キャッチボールなど軽めのメニューで調整した。

 

 カブス戦はメジャー9度目の先発で初の再戦だ。4月16日(同17日)にヤンキー・スタジアムで行われた初対戦では8回無失点、10三振を奪いバント安打2本と圧倒した。相手打線はリベンジを期して対策を練ってくるだろうが、田中は「僕も試合の中でそういう相手に対応していけばいいと思いますし、相手がどう出てくるかでこっちが変わればいい」とどっしりと構える。

 

 田中はチームが休養日となる19日(20日)はシカゴで過ごし、開幕から無傷の7連勝、日米通じてのレギュラーシーズン35連勝に挑む。