張本勲氏が人種差別とも戦ったハンク・アーロンさんを悼む「静かな大打者」

2021年01月24日 10時48分

ハンク・アーロン氏

 野球評論家の張本勲氏(80)が、24日に放送された「サンデーモーニング」(TBS系)に出演。米大リーグで歴代2位となる755本塁打を放ち、22日(日本時間23日)に86歳で死去したハンク・アーロンさんを悼んだ。

 この日もリモートで出演したご意見番は開口一番「すごいバッターだったねえ」と切り出すと「アメリカ野球は110年以上(の歴史が)ありますけども、3人右バッターで挙げれば、ウィリー・メイズ、フランク・ロビンソン、ハンク・アーロンを挙げている」とした。

 アーロンさんの特徴については「打ちにいった時のスタイルがとてもいいんですよ。力ある、体力ある、腕は強い。それで遠くへ飛ばせる」と語り、人種差別とも戦い続けた人生だった点についても言及した。アーロンさんはアフリカ系米国人。そんななかでもバットで結果を残し続け、1974年には〝野球の神様〟ベーブ・ルースが持つ714本塁打のメジャー記録も塗り替えた。

 張本氏は「私が感心したのは静かな大打者。やっぱり差別のある国でね、ベーブ・ルースを抜く時に大変な脅迫を受けたそうですよ。それでも、静かにホームランを打っていったから、すごいバッターだったと思います」と尊敬の念を示していた。

関連タグ: