FA田中はWソックスと合致 米CBSスポーツが見解

2020年11月11日 11時44分

田中将大(ロイター=USA TODAY Sports)

 米メディアのCBSスポーツは10日(日本時間11日)、「FA選手をチームとマッチング」と題した企画を電子版にアップし、ヤンキースからFAになった田中将大投手(32)はホワイトソックスにフィットするとの見解を示した。

 新型コロナ禍の影響による収入減から、各チームの財布の紐は固くなっている。すでにチームが契約オプションを拒否する流れもあり、今年のFA市場は選手にとって優しい状況にはなっていない。そんな中で同サイトはチームの財務制限やロースター編成などを考慮し、各チームにFA選手を一人ずつ割り振った。

 田中がホワイトソックスに合致するとした同サイトの理由は「ジオリトとカイケルに続く先発投手が疑問。2021年の優勝争いを期待されるチームにとって解答がもっと必要だ。田中は究極のリーダーであり、一貫性における手本でもある」だった。

 記事ではFAの注目選手とされるナ・リーグでサイ・ヤング賞候補になっているトレバー・バウアー投手に合っているのはパドレスで、ア・リーグ首位打者のDJ・ラメーヒュー内野手はヤンキースだとした。

【関連記事】