【MLB】「田中と結婚するべきだ」FA田中との再契約はヤンキース今オフ2番目の重要事項

2020年10月29日 12時08分

去就が注目される田中

 ニューヨーク・ポスト紙(電子版)は28日(日本時間29日)に「ヤンキースの難しいロースター決断」と題する記事を掲載し、今オフに直面する5つの重要事項の2番目に同日にFAとなった田中将大投手(31)との再契約を挙げた。

 同電子版はヤンキースが来季の先発ローテーションを編成する上で「エースのゲリット・コールに次ぐ2番手または3番手として田中を連れ戻し、その後にもう一人の経験豊富な先発投手を追加する方法を模索すること」と田中との再契約を促し、「田中はブロンクスしか知らない。なので結婚するべきだ」とも主張した。

 ちなみに最重要は首位打者を獲得したDJ・ラメーヒュー内野手(32)との再契約だった。3番目はグレイバー・トーレス内野手(23)を遊撃から二塁へのコンバート問題。4番目はザック・ブリトン投手(32)とのオプション契約。5番目はゲイリー・サンチェス捕手(27)の扱い。また番外としてチーム最年長のブレット・ガードナー外野手(37)の処遇を挙げた。