ヤンキースオーナーがブーン監督の続投を明言もFA田中には言及せず

2020年10月14日 11時00分

田中将大(ロイター=USA TODAY)

 ヤンキースのハル・スタインブレナー・オーナーが13日(日本時間14日)に米スポーツ専門局ESPNニューヨークのラジオ番組に出演し、アーロン・ブーン監督の来季続投を明言した。「アーロン・ブーンは来年も戻ってくる。これは事実だ」

 チームはワイルドカードシリーズでレイズに2勝3敗で敗れ、2009年以来の世界一奪回に失敗したが評価は不変のようだ。スタインブレナー・オーナーは番組の冒頭で「我々の目的はワールドチャンピオンシップで勝利することだったが、その取り組みに失敗してしまった」と謝罪した。

 また選手についてもコメント。今季から加入したエースのゲリット・コール投手(30)は「彼は本物だった。我々が欲しかったことを完璧にやってくれた」と大絶賛。ワールドシリーズ終了後にFAとなる首位打者のD・J・ラメーヒュー内野手(32)との再契約については「私の仕事ではないが、素晴らしい選手だ」とだけ述べた。7年契約が終了しFAとなる田中将大投手(31)の話は出なかった。ブーン監督は田中を信頼しているだけに再契約にプラスに働くかもしれない。