【MLB】「彼らがやったこと忘れない」レイズ選手がシリーズ前にアストロズ〝口撃〟

2020年10月11日 07時35分

レイズの外野手・キアマイアー(ロイター=USA TODAY Sports)

 大リーグのプレーオフは11日(日本時間12日)から、勝ち残った4チームによるリーグ優勝決定シリーズへと舞台が変わる。

 アメリカンリーグはレイズ対アストロズ。開催地はカリフォルニア州サンディエゴにあるパドレスの本拠地ペトコパーク。この日、オンライン会見に応じたレイズの名手キアマイアー外野手は、17年にワールドシリーズを制したアストロズが、日常的に電子機器を利用したサイン盗みを行っていた事実について「誰一人として、彼らがやったこと、選択したことを忘れることはない。奴らはその事実と共に生きて行かなければならない」と話した。

 オフに監督、GMが解雇となり、ドラフト指名権のはく奪や500万ドルの罰金処分を受けたアストロズは、当時のメンバーも多いことから『悪役』という立場を強いられている。第1戦はレイズは左腕スネル投手が、アストロズは左腕バルデス投手が先発する。

 12日からはナショナルリーグ優勝決定シリーズ、ドジャース対ブレーブスが始まる。開催地はテキサス州アーリントンにあるレンジャーズの本拠地グローブ・ライフ・フィールド。第1戦の先発投手はまだ発表になっていない。