ヤンキース・田中 地区シリーズ先発はいつ?

2020年10月05日 11時00分

田中将大(ロイター=USA TODAY)

 ヤンキースの田中将大投手(31)は4日(日本時間5日)にレイズと対戦するア・リーグ地区シリーズ(ALDS)の舞台となるサンディエゴのペトコ・パークでブルペン入りして投球練習を行った。米メディアによると、約30球投げたという。

 チーム練習後にオンライン会見を行ったブーン監督は第2戦以降の先発投手について「まだ決めていない。我々が前進するためにどのようにすべきか見極めたい」とコメント。第1戦の結果次第で決めるとの意向を示した。

 5日(同6日)第1戦はヤンキースがコール、レイズがスネルと両エースの先発が発表されている。田中は9月30日(同1日)のワイルドカードシリーズ第2戦に先発した。ALDSの第2戦なら中5日、第3戦なら中6日だ。

 第2戦と第3戦のどちらが有力か。複数の米メディアはヤンキースがコールで第1戦に勝利した場合、第2戦は好調の左腕ハップを起用し、逆に敗れた場合は田中がマウンドに立つと見ている。