【MLB】MVPトロフィーから初代コミッショナーの名前を削除

2020年10月03日 11時30分

 BLM運動の影響がこんなところにも…。全米野球記者協会(BBWAA)は2日(日本時間3日)、アメリカンとナショナルの両リーグのMVPに冠していた米大リーグ機構(MLB)初代コミッショナー、ケネソー・マウンテン・ランディス判事の名前を削除すると発表した。このほど行われた協会員の投票で89%が削除に賛成した。

 ランディス判事は1920年に初代コミッショナーとしてMLBに迎えられた。19年のワールドシリーズでホワイトソックスの選手たちが八百長をしたとされるブラックソックス事件に対処するなど、強権力を行使してMLBを取りまとめた。また一方で黒人選手のMLB入りに否定的だったことでも知られている。MLB初の黒人選手はランディス判事が44年に死去した後の47年にドジャース入りしたジャッキー・ロビンソン氏だった。

 MVPトロフィーにはランディス判事の肖像と名前が受賞者名の2倍ほどの大きさで刻まれている。今年になって人種差別反対運動が高まったこともあり、バリー・ラーキン氏やマイク・シュミット氏ら過去のMVP受賞者がランディス判事の冠削除を提言。31年からMVPを選考してトロフィーを授与していたBBWAAが削除を決定した。