レイズ・筒香がプレーオフほろ苦デビュー「1番・DH」でスタメン出場も2打数無安打 

2020年09月30日 11時22分

筒香嘉智(ロイター=USA TODAY)

 レイズの筒香嘉智外野手(28)は29日(日本時間30日)に本拠地でのブルージェイズとのワイルドカードシリーズ(WCS)第1戦に「1番・DH」でスタメン出場し、2打数無安打1三振。5回に代打を送られた。チームは3―1で先勝した。

 メジャー移籍1年目でプレーオフの舞台に立った。1回先頭の第1打席は相手先発の右腕シューメーカーに対して初球から積極的にバットを振っていったが、真ん中低めの92㍄(約148㌔)の速球を打ち上げて平凡な中飛に倒れた。

 3回一死無走者もシューメーカーと対戦し、2ストライクと追い込まれて3球目の真ん中高めの94㍄(約151㌔)の速球に空振り三振を喫した。5回二死無走者で3度目の打席が回ってきたが、マウンドは2番手の左腕レイだったため、代打を送られベンチに退いた。チームは勝利したものの、筒香のプレーオフ・デビューはほろ苦い結果に終わった。