MLBが「見てみたいワイルドカード・シリーズのマッチアップ」特集

2020年09月20日 12時40分

ダルビッシュ投手(ロイター=USA TODAY Sports)

 米大リーグ(MLB)公式サイトは19日(日本時間20日)に「見てみたいワイルドカード・シリーズのマッチアップ」と題した特集を組み、対戦の可能性がある興味深いカードを挙げ、それぞれの見どころを解説した。プレーオフは29日(同30日)に開幕する。

 同サイトが選んだマッチアップの中で注目はア・リーグの「ヤンキース―ツインズ戦」とナ・リーグの「カブス―レッズ戦」。ヤンキースとツインズはプレーオフで過去にワイルドカード・ゲームも含めて6度対戦していて、ヤンキースがすべてのシリーズを制している。通算成績はヤンキースの16勝2敗で、13連勝中だ。ツインズの逆襲も期待されるが、ヤンキースの田中将大投手(31)とツインズの前田健太投手(32)のメジャーで初の投げ合いが実現すれば、米国のファンも熱狂するだろう。

 ナ・リーグ中地区のカブスとレッズの対決は、カブスのダルビッシュ有投手(34)とレッズのトレバー・バウアー投手(29)によるナ・リーグのサイ・ヤング賞有力候補の投げ合いに視線が集まる。バウアーはインディアンス時代の2016年にワールドシリーズでカブスに敗れており、雪辱戦だ。

 また、レギュラーシーズンではシカゴとシンシナティで2度対戦しているダルビッシュとレッズの秋山翔吾外野手(32)の対戦も楽しみ。ここまで4打数2安打と秋山が打ち勝っている。

 その他に見たい対戦として、「パドレス―マーリンズ戦」「ブレーブス―カージナルス戦」「ホワイトソックス―ブルージェイズ戦」「ドジャース―ジャイアンツ戦」「アスレチックス―アストロズ戦」を挙げた。