MLB公式サイトが「トレード成功ランキング」を発表 パドレスが勝者に

2020年09月02日 11時00分

インディアンスからパドレスに移籍したクレビンジャー(ロイター=USA TODAY)

 米大リーグ(MLB)公式サイトは1日(同2日)に8月末日が期限だったトレードでの補強に成功した7チームのランキングを発表した。1位に2006年以来14年ぶりのプレーオフ進出を目指すパドレスを選んだ。有望な若手選手を放出することなく投打全般にわたり9選手を補強したと評価する。インディアンスから昨季まで3年連続2桁勝利をマークしている右腕クレビンジャー、ロイヤルズから今季7セーブの右腕ローゼンタル、レッドソックスから強打の内野手モアランドらを加えた。

 2位はマーリンズ。ダイヤモンドバックスから昨季までの2年連続20本塁打の外野手マルテを獲得。打線の核となる強打者を得て、03年以来17年ぶりのプレーオフ出場を狙う。

 3位は秋山翔吾外野手(32)が所属するレッズ。三振奪取率10・13と高い中継ぎ右腕ブラッドリーをダイヤモンドバックスから獲得。エンゼルスからは巧打の外野手グッドウィンを迎えた。4位以下はフィリーズ、ブルージェイズ、インディアンス、カブスだった。