「日本でも対戦経験なし」ヤンキース・田中がレイズ・筒香との初対戦について語る

2020年08月07日 11時30分

田中将大(ロイター=USA-TODAY-Sports)

 ヤンキースの田中将大投手(31)は6日(日本時間7日)にオンライン会見に応じ、今季2度目の登板となる7日(同8日)の敵地レイズ戦で実現濃厚な筒香嘉智外野手(28)との初対戦について語った。

 筒香との対決は米メディアも注目している。日本での対戦の有無と心境を聞かれると冷静に応じた。「僕が日本にいたとき彼はまだレギュラーとして出てなかったので、対戦経験はないです。対戦してみないとやっぱりわからないことはいっぱいあると思うので」

 マイナーでの実戦登板を経ず、いきなりのシーズン突入。調整段階ともいえる状態でのマッチアップだ。「どういう打者なのかっていうのをしっかりと肌で感じて考えていかないといけないので、いくらデータとかいろんなものは出てきてますけど実際に勝負するまで何とも言えないですね」。マウンドでの感覚を重視するつもりだ。

 もっとも、田中にとって大事なことは日本人対決ではない。一日でも早く万全な状態になり、チームに貢献することだ。「まずは先発投手としてしっかり球数を投げられる状態になってからじゃないと。今はまだそのステージに立ってないので」とキッパリ。田中は先を見ている。