「翔平にはできる限り打席に立ってほしい」 エンゼルス・マドン監督が改めて期待

2020年08月06日 10時30分

エンゼルス・大谷

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)は5日(日本時間6日)の敵地でのマリナーズ戦でスタメンから外れた。右ヒジ付近の「屈筋回内筋痛」の影響か。オンライン会見に応じたマドン監督は「(腕は)良くなって来ているが、バーナード(チームのフィジカルセラピスト)が慎重に対応したいというのと、今日の先発のゴンザレスとの対戦は翔平にとってあまり相性が良くないから、明日のデーゲームに出場してもらおうと思った時に、今日はプレーしない方が良いだろうと判断したんだ」と説明した。

「翔平が戻って来たらできる限り打席に立ってほしいと思っているし、右投手も左腕も関係なく出場してもらう予定だよ」と大谷のバットへの期待は高い。

 大谷が打者に専念することで、プホルスやアップトンはDHでの出場機会が減る。それについては「うれしい悩み」だとした。