フィリーズで初の新型コロナ感染者 ヤンキース・田中将大の今季初先発にも影響か

2020年07月31日 11時30分

満を持してメジャー復帰する田中だが…(ロイター=USA TODAY)

 フィリーズのコーチ1人とスタッフ1人が30日(日本時間31日)に新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したことでヤンキースはもちろん、田中将大投手(31)も影響を受けそうだ。チームはフィリーズと8月3日(同4日)から同6日(同7日)まで本拠地と敵地で2試合ずつ行う予定だ。

 ブーン監督はオリオールズ戦前のオンライン会見で「今のところどんな影響が出るかまったくわからない。我々のフォーカスは今夜の試合だ」ときっぱり語った。

 ヤンキースは27~28日(同28~29日)が敵地、29~30日(同30~31日)が本拠地でフィリーズと4試合を行う予定だった。ところが26日(同27日)までフィリーズと戦ったマーリンズで感染者が続出した影響で前半の2試合が延期となり、後半はオリオールズ戦に変更された。

 これを受けてフィリーズ戦の新日程が組まれたわけだが、今回の感染判明によりまたもヤンキースは日程変更を強いられるだろう。そうなれば当然、田中にも影響する。田中は1日(同2日)のレッドソックス戦で今季初登板し、次回登板は中4日なら6日(同7日)の見込みだ。フィリーズ戦が延期となれば、登板日が後ろにズレる。また、対戦相手が変わる可能性も。準備は簡単ではない。メジャー7年目の田中はどう対応するか。