エンゼルス・大谷 今季1号は豪快逆転3ラン!!! 本塁打は昨年9月以来322日ぶり

2020年07月30日 12時37分

今季1号を放ち、本塁で走者の出迎えを受けるエンゼルス・大谷(ロイター=USA TODAY)

 エンゼルスの大谷翔平投手(26)が29日(日本時間30日)の敵地シアトルでのマリナーズ戦に「4番・DH」でスタメン出場し、0―1の4回に今季初本塁打となる3ランを放った。


 今季4試合目の打者出場で、マリナーズの右腕ダンの前に第1打席は一死一塁で右飛。第2打席は無死一、二塁のチャンスで迎えた。初球はファウル、2球目はスライダーを見逃して追い込まれたが、3球目は内角低めのカーブを捉え、打球は右中間に吸い込まれた。


 昨年9月11日のインディアンス戦以来322日ぶりのアーチ。前日28日には「5番・DH」で出場し、出場2試合ぶりの安打と今季初打点を記録していた。