マーリンズの選手半数が新型コロナに感染 全60試合を消化できるか

2020年07月30日 11時00分

現地時間26日以降、試合から遠ざかっているマーリンズ(ロイター=USA TODAY Sports)

【マサチューセッツ州ボストン発】米CBSスポーツ(電子版)は29日(日本時間30日)に新型コロナウイルスの感染者が続出しているマーリンズで新たに選手1人が陽性反応を示したと報じた。これでコーチを合わせ、少なくとも18人の感染が確認された。

 同電子版によると、マーリンズの選手で感染が確認されたのはこれで16人。予備の選手として帯同していた3人とベンチ入り30人の計33人中、ほぼ半数が陽性反応を示したことになる。マーリンズは8月2日(同3日)まで試合が延期されており、今季の全日程を消化できるか、大きな危機だ。

 こうなるとマーリンズだけではなく、26日(同27日)まで本拠地フィラデルフィアでマーリンズと3連戦を行ったフィリーズ、対戦相手として試合の延期を余儀なくされたオリオールズ、ヤンキース、ナショナルズは複数のダブルヘッダーを組み込まない限り、60試合を消化できない可能性が出てくる。米大リーグ機構(MLB)公式サイトによると、フィリーズのジラルディ監督は「もしどこか(のチーム)が60試合をできなかったとしても、個人的にはそれでいいと思う。我々はプレーオフに行きたいし、それが重要なことだから」との見解を示した。チームとして試合再開に時間を要することについては「とても賢明なこと。我々は賢明でなければならない」と賛同。60試合制で行われる今季は異例ずくめだ。