ダルビッシュ開幕投ならず 日本時間31日にレッズ・秋山と対決か

2020年07月17日 11時15分

カブスの開幕第2戦の先発を任されたダルビッシュ

【ボストン発】カブスのダルビッシュ有投手(33)が自身2度目の大役を逃した。デビッド・ロス監督(43)は16日(日本時間17日)のオンライン会見でカイル・ヘンドリックス投手(30)が24日(同25日)の本拠地でのブルワーズ戦で開幕投手を務め、ダルビッシュが第2戦に先発すると明かした。

 カブスが先発ローテーションを5人で回していくのであれば、ダルビッシュは30日(同31日)に敵地で行われるレッズ戦が今季2度目の登板となり、秋山翔吾外野手(32)との初対戦が実現する可能性がある。中4日のローテを繰り返していけば、今季の登板機会は最大で12試合になる。

 昨季のダルビッシュは3試合連続12奪三振以上と圧巻の投球でシーズンを締めくくった。オールスター戦後の13試合で81回2/3を投げ、59安打26失点(自責点25)、奪三振118で、与四球わずか7、防御率2・76の成績だった。

 キャンプ再開後すでに3度、紅白戦に登板して準備万端だ。さらに今年はスプリットとツーシームの中間の新球「スプリーム」に取り組み、手応えは上々だという。昨季の終盤を超える投球に期待だ。